500円玉はすべて貯金箱に入れます

節約するといっても収入には限りがありますし生活には欠かせないものも多くあります。
このため、節約しながら貯蓄もするためにありふれたことですが小銭を溜めています。
小銭といっても10円玉などではまとまった金額にならないので500円玉だけを対象にしています。
どこのお宅でもやられているのではないかと思いますが、コーヒーの空き瓶を利用して最初は硬貨を入れていたのですが買い物の際などに持ちだすことが多くなかなか節約につながりません。

そこで、給料天引きと同じ様に一度入れたらいっぱいになるまで使わない貯金箱を別に設けました。
夫婦で話し合って100円と500円玉だけを入れるようにしました。財布の中から500円玉は必ず貯金箱に入れ、100円玉は余裕があったら入れるようにしました。
最初は500円が財布の中からなくなることに抵抗感もありましたが、1年後に中身を確認すると3万円ほどになっていました。
財布から500円づつ減っていくのは重荷になることもありますが生活が苦しくなることもありませんでした。

財布の中にお金があれば使ってしまうのは当たり前ですがなければ使うことができません。
いつの間にか500円玉のない財布にも慣れてしまいますし、貯金箱に入れただけ節約と貯蓄が両立していることになります。
小銭を貯金箱に入れるというありふれたことですが意外と我が家には相性がよかったようです。


そこまでやるか、涙、涙の節約生活

節約はけっして悪いことではありません。無駄をしないことですから、ある意味では美徳とも言えます。
卑下せず、自信満々で書きたいのですが、ただ何か一抹の侘しさも感じてしまいます。
そんなわたしの節約術を一部だけですが、ご披露します。

衣食住は人間にとって必要なことですから、手を付けるとしたらまずここからです。

わたしは踵を引きずって歩く癖があるので、靴を買ったらまず踵部分に太いネジを数本埋め込みます。
これで踵の減りが抑えられ、後々、踵部分の交換をしなくても済みます。
ネクタイは100円均一で購入します。5000円のネクタイとほとんど大差ありません。下着、ワイシャツも100均です。

食に関しては、スーパーにはわざと夜に行って、もっぱら安く値段の張り替えられたものを購入しています。
廃棄される運命のものを購入するのですから、これも立派なエコだと思います。

住についてはこだわりもあります。交通の便が良いと家賃も高いのですが、わたしは立地は良いが日中に日が入らないような物件を選んで入居してます。
どうせ、夜しか家にはいないのですから。
そして、このような物件は空室であることが多く、家賃交渉にも応じてくれやすい傾向にあります。

自動車は仕事の関係上、持っています。中古の安いクルマですから、自動アイドリング停止機能はついていません。
わたしは手動でアイドリングを停止してます。

こんなに涙ぐましい努力をしているのに、ちっとも貯蓄が増えません。
本当はこんなに貯まる貯蓄術を披露したかったのですが。涙、涙です。


マンションはしんちくご10年住むと節約になります

“節約で、大きな節約になるのが、家です。ちまちまと、毎日の生活費を節約するよりも、こちらのほうが、グンと節約になります。
まず、家を建てる時、マンションを選ぶのか一戸建てを選ぶのかで、おおいに節約志向に差ができます。個人的には、一戸建てお選びます。

実は、マンションは、相当に所得の高い人でないと入れない家なのっです。
節約する人には、何らかの事情がない限り、買うのは、後々、本当に老後家計簿をつけて、ちまちまと、生活する覚悟がいると思います。永遠に節約しないといけないということになります。

また、働くことの地震があって、生涯現役である必要も出てきます。これが、まんしょんを購入する落ちうことです。快適さがあります。便利さも、人付き合いの面倒さもないのです。
ただし、マンションには、はじめのころには、一体感が薄いところでも、徐々に、マンションの管理の問題が出てくるのです。こちらは、自分の家でできるものではないのです。
こうなると、そのストレスといい、費用といい、一戸建てのほうがいいようですが、これも、ストレスの節約になるとしたら、マンションは、新築後、10年住むのがベストなのです。
費用的にも節約になるのです。”


記録を作るのは基本ですね

基本的に何にしてもズボラなこちら。
給与に関しても、しょっちゅう「お金がないから節約しないと」と省エネを意識してはきたのですが、漠然と思っているだけでした。
それが、数か月前の話ですが黒字が減って正に給与に困ったときに、ふたたび費消を見直してみたところ、何にたとえかかったかを自分でも把握していなかったことがわかりました。  
暮らし簿の感じも、書いてはいたのですが、気の役に立つときにしか書いていなかったので正確ではなくて、あまり役に立っていませんでした。
無論、至って書かないよりもいいとは思うのですが。
こちらが主に預かっているのは、食費、日光機材の類に加わる給与だ。
なので、月収何に何とか使うか、たとえば食費の取り分けおUSAに月々いくらくらい使っているか、油や薬味、野菜などおおまかなもの特別、因る給与のスタンダードを付けるようにしてみました。
月々の最初に、スタンダードを付けて書いて置き、通りがけ過程を見ながら、使いすぎていたら調整するようにしみました。
そのためにも、勿論暮らし簿は日々つけています。
いまのところ、これが一層役に立っているようで、ぼんやり省エネしようと思っている時とは違い、具体的に何をどのくらい抑えたらいいか、逆に何が省エネできているかが聞こえるので、自分で出費を把握しているという感覚でてきて、良かったです。


軽減を「生き方」に差し替えるミニマリズムという技法

いま、母親のブロガー様を中心として『ミニマリズム』という意識が広がってきています。ミニマリズムは日本語でいうと『最小スタンス』だ。簡単に表現するならば「どしどしタイプを欠ける暮らしを楽しもう」という意識だ。

過去、タイプを欠ける暮らしと聞くと、縮減や断捨離といったどっかストイックで苦しそうな印象がありました。しかしミニマリズムでは、一段と積極的に自己進んで縮減暮らしを楽しもう!という前向きな認識があるのです。皆にミニマリズムが盛り込みられたのは、縮減の明るさに目を向けたところが新鮮だったからでしょう。

ミニマリズムでは、我慢をするのではなく、考案を行なう。例えば電気代を減らそうとするとき、ただ電気を消すだけでは面白みが薄い。だから、おしゃれなキャンドルを灯して、電気が消えて掛かる日数を楽しもうとするわけです。

たくさんのドレスも断捨離のためにただ置き忘れるだけでは、考案がありません。限られた源を有効活用する結果、ミニマリストの他人は古物商や競売を活用して被服を売りに出している。売れたら給与も入ってしまうし、誰かの役に立てるので一石二鳥だ。
このように、縮減生活につねに考案を取り入れて、その考案を積極的に楽しむ対応。これが究極の縮減アパート――ミニマリストの体格なのです。


USAで縮減日々、上手に貯金を繰り返す為にやる事

USA在住の主婦歴6ご時世の30代母親だ。
自宅は赴任族で、依然として夢のマンションを欠ける結果、近頃出来るだけ敷金を繰り返す為に貯金、カットに励んでいます。
USAでは持ち家を購入する時、敷金は持ち家買上総額の2割が得策とされていますが、半ばは貯めたいだ。
あたいが職業主婦な結果、彼のお年俸でやり繰りをしていますが、徹底しているのは先に毎月の積み重ね総額を別の蓄財ポケットに動かす事です。
これは敷金になるので、絶対に弄びません。類推積み重ねを講じるほうが確実に積み重ねは増えます。
また、普段の仕入れは、土日に1度私だけで行きます。
彼、子どもを連れて行くと必ずやカートに余分な物を押し込めるので1者でいくほうがカットになります。
土日前に冷蔵庫、冷凍庫の中に残っている部品を取り入れて週間の献立を決めて買い出しに行きます。
バウチャーも使用して肝心最低限の物だけ購入するので予算内で減る様にしています。
外食も、こちらはチップが必要なので激しくついてしまう為、ハッピーアワーの一時や昼飯の時間に出向く様にし、またバウチャーを上手に利用し安く済ませてある。
普段の身辺でカットにトップなるのは食費だと思うのですが、こちらでは日本の様に激安アルティメットや、タイムセール等が乏しい結果、より食費はかかってしまうので、どんなに賢くアレンジして食事を作るかが大切です。


ふるさと納税の感覚

最近になり、思い切り節減や今後の財貨についてを考え始めた彼氏が、ふるさと納税はどうかな、と言いだしました。
ふるさと納税をすると、一礼に特産節度などが貰える、というポイントに引っかかったようです。
確かに、良さそうなプロセスに見えるし、気にはなりました。
でも、節減のために講じる、というのは僅か違うようです。
それぞれにも因るのでしょう。
例えば、ふるさと納税をすると、最低でも2000円の掛け金が発生します。
その2000円だけで、カワイイ特産節度がいただけるというのが頼もしいのですが、別に特産節度はあんまり欲しくない、必要のないそれぞれには何のお有益も弱いことになります。
だから、我が家のように普段から、そうした高価海産物や果物を購入していない自宅には断じて関係のないことになるのです。
ふるさと納税は、租税の機能を自分でできる、唯一租税の機能判定がもらえるプロセスというのが素晴らしいことであり、節減にはならないな、というのが私たちの結末でした。
2000円出して、物珍しい豪華な物を手に入れたいそれぞれには、とてもお得なんです。
そんな家族には、節減にもつながるかもしれませんので、オススメです。
我が家のように道楽節度をほとんど望まない自宅は、ふるさと納税はきちんと合わないというのが分かりました。


毎月の食費のやりくりが難しいな

わたしは新婚生活が始まったばっかりの新米主婦です。みなさんは月々どのくらいの食費できりつめておられるんでしょうか。わたしは1人暮らしの経験もありませんので、家計をやりくるすることがはじめてで毎月悩まされています。

何よりも一番お金がかかるのが食費です。旦那もわたしもかなりの量を食べてしまうので2人だけ1ヶ月の食費が4人家族分くらいあります。友達からびっくりされて、それは無駄遣いだよと言われちゃいました。こちらとしては、なんとか節約しているつもりではあるのですが周りからしたら無駄遣いだそうです。食事を減らすと逆に無駄なものを買ってしまいそうな気がするのですが、どうなんでしょう。

お米の減り具合は確かにはやいかもしれないです、周りの家庭に比べると。二人して大食いなので、どうしても食費がかなりかかってしまいます。節約はしているつもりですが、まだ削れたりできるのかと思うとあと削れるなら食費しかないです。ガスめ電気も水道もけちけちと使っていますし、あと自分たちが頑張れるのは食費なのです。しっかり噛んで満腹感をだす努力しないといけないときがきちゃいましたかね。旦那が物足りないとなるとまた問題ですが、ちょっと食費を減らしてみようと努力してみます。


栄養を確保しながら、それ以外のところで節約する

節約の代表格と言えば食費です。でも、栄養面に支障が出てはいけません。十分な量の魚や野菜を食べさせずに、将来の学費の為に節約する。それは本末転倒です。そこで、栄養を損なわない範囲での食費節約について考えます。

・ミネラルウォーターをやめる。

 一本100円の水を何本も買うのはやめましょう。スーパーの無料配布に水を貰うか、自宅に浄水器を取り付けましょう。

・ジュースやコーヒーを飲む前に水か麦茶を

 ジュース等を何度も飲んでいると、家計に響きます。まずは水か麦茶を飲み、胃袋を満たしましょう。ジュース1杯だけで満足できるはずです。

・ケーキやアイスは小分けに

みんなが大好きなケーキやアイス。でも冷静に考えると、最初の一口目は感動しても、最後の方のは惰性になっているはず。試食程度の量が一番コスパが高いんです。アイスであれば、冷した小皿に取り分ける等すれば、むしろお洒落です。

と、こういった感じに、満足度を下げずに食費を押さえることが可能です。最後に番外編です。

・料理は塩コショウで炒めれば十分。

安い食材でも、調理方法をこだわると時間がかかります。食費以外にも節約に時間を割けるように、調理時間をほどほどにしましょう。


主婦にとって重要な問題です。日々努力が必要です。

節約、貯蓄というと主婦からすると頭が痛い問題です。

毎月必死にやりくりしてるつもりでもなかなかうまく出来ない、貯蓄が出来るように少しでも毎日の食事をいかに節約して効率よく出来るかを悩んでいます。

食べることは毎日のことでその献立を決めるのも主婦、1日1000円で買い物をしようと思ってもスーパーに行くとそんなにうまく買い物も出来ずに結局予算オーバーして後悔する毎日です。

先取り貯蓄は毎月しています。ですので毎月決まった額は必ず先に通帳に入れておきます。それを最低限の貯蓄としてやっておかないと何か気持ち的にモヤモヤしてしまうのです。その貯蓄をしておいて、更にその月に残った額があればそれは生活貯蓄や子供の学費用に通帳に入れることが出来ます。ですので毎月その残った額がいくらなのか少しでも多くの額を残したい一心で頑張ってやりくりをします。

現実はなかなかそんなにうまくいかないもので、貯蓄という貯蓄はほとんどないに等しいです。世の中のみなさんは最近ではほんとにしっかり貯蓄をされている奥様が多い中、自分は何をしているのだろうかと自己嫌悪におちいる時も多々あります。とりあえず毎月決まった額だけの貯蓄さえ忘れずにしておけば何とかなるという気持ちも持ちながらこれからも少しでも貯蓄できるように頑張る次第です。