500円玉はすべて貯金箱に入れます

節約するといっても収入には限りがありますし生活には欠かせないものも多くあります。
このため、節約しながら貯蓄もするためにありふれたことですが小銭を溜めています。
小銭といっても10円玉などではまとまった金額にならないので500円玉だけを対象にしています。
どこのお宅でもやられているのではないかと思いますが、コーヒーの空き瓶を利用して最初は硬貨を入れていたのですが買い物の際などに持ちだすことが多くなかなか節約につながりません。

そこで、給料天引きと同じ様に一度入れたらいっぱいになるまで使わない貯金箱を別に設けました。
夫婦で話し合って100円と500円玉だけを入れるようにしました。財布の中から500円玉は必ず貯金箱に入れ、100円玉は余裕があったら入れるようにしました。
最初は500円が財布の中からなくなることに抵抗感もありましたが、1年後に中身を確認すると3万円ほどになっていました。
財布から500円づつ減っていくのは重荷になることもありますが生活が苦しくなることもありませんでした。

財布の中にお金があれば使ってしまうのは当たり前ですがなければ使うことができません。
いつの間にか500円玉のない財布にも慣れてしまいますし、貯金箱に入れただけ節約と貯蓄が両立していることになります。
小銭を貯金箱に入れるというありふれたことですが意外と我が家には相性がよかったようです。