早朝活で節約テクニック

本年になって削減に目覚めました。
我々は前もって財布のコストは敢然と使い切っちゃう品種だ。
財布の中にはいくらでもコストを入れないようにはしていますが、使い切ったら通帳からおろしてしまうので対価も使い切って仕舞うほどだ。
そこで対価を管理している我々は、対価日の日にアッという間に蓄積をすることにしました。
蓄積用の通帳にコストを入れてしまう。
そしてその通帳とカードはマイホームのマミーに預けます。
幾つになっても自分で規定が出来ずか細いんですが、旦那のこともブラックので一番信頼しているマミーに頼ってある。
そして崖っぷちの残るコストでやりくりするのです。
一番苦労したのは子供達を納得させることでした。
今までは一緒に買物に行ったら、おもちゃ存在の軽食を毎度買っていたし、朝食も我々が適当したいが為に菓子パンを自由に選ばせたり、やりたい放題でした。
それが急に、今日からそういうものは買いません!じゃ幼児が納得するわけがありません。
そこで、頑張って切り捨て月に一括払いご褒美で行ったことの弱い公園に娯楽に行こうと決めました。
ここで遊園先なんて言ってしまったら、削減の意味がありません。
幼児は行ったことの乏しい地方が大好きなんです。
遊園先は半年に一括払いくらいのお楽しみにしておいて、公園でお弁当を持参して採り入れるってのも幸せでいいですよね。


無駄な月の出費をできるだけ抑えるための秘訣

私は主婦で定職についていないため生活のいろいろな部分を節約することで家計の負担を抑えることに貢献しています。
私がおすすめする節約する方法は、格安SIMを利用することです。格安SIMはキャリアに比べて速度が遅いのがデメリットですが、慣れれば快適に通信できます。
格安SIMにすることで月の通信費を数千円節約することができてよかったです。

ただ、格安SIMは設定が面倒だったりキャリアのメールが使えないなど不便な面があるので注意が必要です。スマホと利用するときにはできるだけ無料アプリをダウンロードすることが肝心です。
使いたい有料アプリと同じような機能の無料アプリを探すことでアプリを利用するコストを下げることができました。

最近大幅に月の出費を抑えるために引っ越しをしました。今までは駅近のマンションに住んでいたのですが、駅から遠い場所に引っ越しするだけで家賃を抑えることができて満足しています。
やはり家賃を抑えたいならばあまりいろいろなことにこだわり過ぎないようにすることが大事だと感じました。
引っ越しするときも業者を使わずに、レンタカーを借りて知り合いに協力してもらって引っ越しをしたためかなり引っ越し費用を抑えることができてうれしかったです。


500円玉はすべて貯金箱に入れます

節約するといっても収入には限りがありますし生活には欠かせないものも多くあります。
このため、節約しながら貯蓄もするためにありふれたことですが小銭を溜めています。
小銭といっても10円玉などではまとまった金額にならないので500円玉だけを対象にしています。
どこのお宅でもやられているのではないかと思いますが、コーヒーの空き瓶を利用して最初は硬貨を入れていたのですが買い物の際などに持ちだすことが多くなかなか節約につながりません。

そこで、給料天引きと同じ様に一度入れたらいっぱいになるまで使わない貯金箱を別に設けました。
夫婦で話し合って100円と500円玉だけを入れるようにしました。財布の中から500円玉は必ず貯金箱に入れ、100円玉は余裕があったら入れるようにしました。
最初は500円が財布の中からなくなることに抵抗感もありましたが、1年後に中身を確認すると3万円ほどになっていました。
財布から500円づつ減っていくのは重荷になることもありますが生活が苦しくなることもありませんでした。

財布の中にお金があれば使ってしまうのは当たり前ですがなければ使うことができません。
いつの間にか500円玉のない財布にも慣れてしまいますし、貯金箱に入れただけ節約と貯蓄が両立していることになります。
小銭を貯金箱に入れるというありふれたことですが意外と我が家には相性がよかったようです。


マンションはしんちくご10年住むと節約になります

“節約で、大きな節約になるのが、家です。ちまちまと、毎日の生活費を節約するよりも、こちらのほうが、グンと節約になります。
まず、家を建てる時、マンションを選ぶのか一戸建てを選ぶのかで、おおいに節約志向に差ができます。個人的には、一戸建てお選びます。

実は、マンションは、相当に所得の高い人でないと入れない家なのっです。
節約する人には、何らかの事情がない限り、買うのは、後々、本当に老後家計簿をつけて、ちまちまと、生活する覚悟がいると思います。永遠に節約しないといけないということになります。

また、働くことの地震があって、生涯現役である必要も出てきます。これが、まんしょんを購入する落ちうことです。快適さがあります。便利さも、人付き合いの面倒さもないのです。
ただし、マンションには、はじめのころには、一体感が薄いところでも、徐々に、マンションの管理の問題が出てくるのです。こちらは、自分の家でできるものではないのです。
こうなると、そのストレスといい、費用といい、一戸建てのほうがいいようですが、これも、ストレスの節約になるとしたら、マンションは、新築後、10年住むのがベストなのです。
費用的にも節約になるのです。”


記録を作るのは基本ですね

基本的に何にしてもズボラなこちら。
給与に関しても、しょっちゅう「お金がないから節約しないと」と省エネを意識してはきたのですが、漠然と思っているだけでした。
それが、数か月前の話ですが黒字が減って正に給与に困ったときに、ふたたび費消を見直してみたところ、何にたとえかかったかを自分でも把握していなかったことがわかりました。  
暮らし簿の感じも、書いてはいたのですが、気の役に立つときにしか書いていなかったので正確ではなくて、あまり役に立っていませんでした。
無論、至って書かないよりもいいとは思うのですが。
こちらが主に預かっているのは、食費、日光機材の類に加わる給与だ。
なので、月収何に何とか使うか、たとえば食費の取り分けおUSAに月々いくらくらい使っているか、油や薬味、野菜などおおまかなもの特別、因る給与のスタンダードを付けるようにしてみました。
月々の最初に、スタンダードを付けて書いて置き、通りがけ過程を見ながら、使いすぎていたら調整するようにしみました。
そのためにも、勿論暮らし簿は日々つけています。
いまのところ、これが一層役に立っているようで、ぼんやり省エネしようと思っている時とは違い、具体的に何をどのくらい抑えたらいいか、逆に何が省エネできているかが聞こえるので、自分で出費を把握しているという感覚でてきて、良かったです。


栄養を確保しながら、それ以外のところで節約する

節約の代表格と言えば食費です。でも、栄養面に支障が出てはいけません。十分な量の魚や野菜を食べさせずに、将来の学費の為に節約する。それは本末転倒です。そこで、栄養を損なわない範囲での食費節約について考えます。

・ミネラルウォーターをやめる。

 一本100円の水を何本も買うのはやめましょう。スーパーの無料配布に水を貰うか、自宅に浄水器を取り付けましょう。

・ジュースやコーヒーを飲む前に水か麦茶を

 ジュース等を何度も飲んでいると、家計に響きます。まずは水か麦茶を飲み、胃袋を満たしましょう。ジュース1杯だけで満足できるはずです。

・ケーキやアイスは小分けに

みんなが大好きなケーキやアイス。でも冷静に考えると、最初の一口目は感動しても、最後の方のは惰性になっているはず。試食程度の量が一番コスパが高いんです。アイスであれば、冷した小皿に取り分ける等すれば、むしろお洒落です。

と、こういった感じに、満足度を下げずに食費を押さえることが可能です。最後に番外編です。

・料理は塩コショウで炒めれば十分。

安い食材でも、調理方法をこだわると時間がかかります。食費以外にも節約に時間を割けるように、調理時間をほどほどにしましょう。


主婦にとって重要な問題です。日々努力が必要です。

節約、貯蓄というと主婦からすると頭が痛い問題です。

毎月必死にやりくりしてるつもりでもなかなかうまく出来ない、貯蓄が出来るように少しでも毎日の食事をいかに節約して効率よく出来るかを悩んでいます。

食べることは毎日のことでその献立を決めるのも主婦、1日1000円で買い物をしようと思ってもスーパーに行くとそんなにうまく買い物も出来ずに結局予算オーバーして後悔する毎日です。

先取り貯蓄は毎月しています。ですので毎月決まった額は必ず先に通帳に入れておきます。それを最低限の貯蓄としてやっておかないと何か気持ち的にモヤモヤしてしまうのです。その貯蓄をしておいて、更にその月に残った額があればそれは生活貯蓄や子供の学費用に通帳に入れることが出来ます。ですので毎月その残った額がいくらなのか少しでも多くの額を残したい一心で頑張ってやりくりをします。

現実はなかなかそんなにうまくいかないもので、貯蓄という貯蓄はほとんどないに等しいです。世の中のみなさんは最近ではほんとにしっかり貯蓄をされている奥様が多い中、自分は何をしているのだろうかと自己嫌悪におちいる時も多々あります。とりあえず毎月決まった額だけの貯蓄さえ忘れずにしておけば何とかなるという気持ちも持ちながらこれからも少しでも貯蓄できるように頑張る次第です。


自分に負けないことが一番の節約への近道である!

節約節約と口では言いますが、なかなか行動に移すことができないひとは多いのではないでしょうか。

節約をする際に重要なのは根気強く続けるだけのやる気と、忍耐力が必要です。まずは自分にあったレベルで挑戦していくのがいいでしょう。夏場はついついエアコンをつけてしまうもの。それを少し我慢するだけでも、節約は出来ます。例えば自分にご褒美を設けて、もし一週間エアコンをつけないで入られたら週末1日だけエアコンつけっぱなしでいていいとか、代わりに扇風機を使うようにするなどして工夫することで、節約できます。もしかしたらエアコンをつけた時にむしろ寒く感じてしまったり、風邪を引いてしまうなと思ったら、気付いたらエアコンを止めていたりと、自分の成長が見られたということでまた次のステップに進むことができるのではないだろうか。

貯金に関しては、毎月?1000を必ず貯金すると目標設定をするのがいいかと思います。ある話では常にトンカツを食べられるほどの生活水準を保っていれば食べることにも困らないしお金も少しずつ貯まっていくに違いないということです。しかし我慢のしすぎで体を壊してしまっては元も子もないのでそれだけは気をつけた方がいいですね。


夜の出費を減らす

やはり普段から節約を心がけていても、ずっとそれでは楽しくないですし心も塞ぎがちになってしまいます。あまりにストイックな生活だと反動というものがあったりしてほどほどの節約生活がいいかもしれないのかなあ、とも思っています。

仕事が忙しくて、それでも出費を抑えているとついついナイトライフに出かけてたくさんのお金をバーッと使いたくなったりするという場合もあります。これはかなり要注意です。というのは、理性がほとんどなくなっている場合があったりして稼いだ金額以上使ってしまうと、という危険性もあるからです。その時には楽しくて納得して支払っても、次の日には落ち込んでしまうという状態になってしまいます。

それ以外でも、夜の時間帯というのは出費の危険性が多いと思っています。具体的には、深夜のラーメンがそうです。この誘惑もかなり大きいです。週に数回行ってしまうだけでかなりの出費になってしまいます。確かに美味しいのですが健康的にもよくないとは思います。そして、深夜のコンビニでの買い物も日数を重ねるとかなりの出費になり、はっきり言って無駄だと思います。

とにかく夜というのは出費のしやすい時間帯だと思うので気をつけたいものです。


節約と判断力

親族知人で三名、家を新築か建売一軒家を買った人達がいます。

その三名の共通してる事は節約は徹底的で常に何かを片付けいらない物は捨てる

電気はコンセントからこまめに抜きいらない物は買いませんでした。

消耗品も底値を調べつくし安いからと過剰に買い置きはせず

次使う分のストックだけでまとめ買いは場所を取るからと一切しません。

財布の中も必要最低限でカード類はキャッシュカードだけで必要なら降ろすし

小銭も財布がかさばるからと貯金箱へ。

食べ物も常に冷蔵庫は半分ほど空けてて入ってる食材は把握し何を買って足せばいいか解ってるので

買い物時間も早く、使う予算もだいたい同じで余計な買い物をしません。

半額シール貼られてるのでも「今食べたい訳じゃない」と見向きもしません。

衣類も流行り物は極力避けうまく着まわせる物で丈夫な素材を選び年単位で着てます。

ちょっと値が張っても長く大切に着ればもとはとれるし

クローゼットも服でぎっしりだとしわになりやすいからとすっきりしています。

頭の中で常に何が自分に必要かを考え判断するのが節約の肝になっている気がします。

ゴミも溜まらないとかでゴミ袋も一番小さいのを買ってきてましたが、

ゴミ袋買うのが一番勿体無いと嘆いていました。