冷蔵庫の買い替えと使いかたで節電を考える

家電の中で1番電力を使うものが何かご存知ですか?
それは冷蔵庫なんです。
確かに、24時間365日電源を切ることはありませんし、毎日開け閉めして使っています。
先日、我が家の冷蔵庫を買い換えることが決まり、冷蔵庫の節電に関しても調べてみましたので紹介します。

最新の冷蔵庫は省エネ
よく聞く話ですが、どれくらい省エネになっているかというと、10年前の冷蔵庫と最新のものを比べた時、平均して300?400kWh/年の省エネになっているそうで、金額にすると年間1万円ほど節電できるそうです。買い替えは大きな出費ですが、長い目で見ると節約になる場合もありそうですね。

大容量の冷蔵庫は省エネ
大きな冷蔵庫ほど電気代が高くなると思いがちですが、実は大容量の冷蔵庫の方が省エネになる傾向にあります。冷却方法の違いによるものだそうです。

冷蔵庫で節電するには?
今使っている冷蔵庫で少しでも節電するにはどうしたらいいのでしょうか。
まず、冷蔵庫の温度設定を見直すことで節電できます。冬場や開け閉めしない夜は弱にするといいですね。そして温度設定が弱でも快適に使うためには、冷蔵庫の中にものを詰め込みすぎないこと、開け閉めを減らすことも必要です。
次に、冷蔵庫は壁から離して設置しましょう。冷蔵庫の熱を効率よく放出するには、壁から10cmほど離して設置し、冷蔵庫の上も物を置かないようにしたほうがいいでしょう。

いかがでしたか。毎日使っている冷蔵庫だからこそ、塵も積もれば山となる、でコツコツ節電したいですね。