意外と使っている光熱費や固定費

節約するといえば、安いスーパーで食材を見つけて食費を切り詰めたり、冷暖房をつけずに生活するなど無理な生活をイメージする方が多いのではないでしょうか。節約で無理なく続けられるのは固定費の節約が一番やりやすいです。例えば、携帯電話の料金プランの見直しなどしてみると、意外なところで固定費が節約できます。

つきあいで入ってしまった保険の見直しなども行うと自分でも無理のない節約を行うことができます。後は、家賃などの節約もお勧めです。家賃も固定費なので、安い場所に家を借りれば、その分節約ができます。光熱費も冷暖房を使わずに生活するなどすると、かえって風邪をひいたり、熱中症になったりと危険です。

そこまでしなくても、冬は厚着にしてみたり、夏は扇風機など利用してみると意外に光熱費は下げることができます。食費などの節約は、無理しすぎるとダイエットと同じようにリバウンドしやすいです。食というのは、食べればいいというだけでなく、食べる楽しみもあるので、節約するなら食費を削ると安易に考えないほうがいいです。

趣味などに打ち込みすぎて貯金ができないという人も多くいます。趣味もほどほどで、のめり込みすぎないように感情のコントロールしていくことが節約していくには大事です。節約するのは精神力がいります。


出来る事から節約

節約の基本と言えば、やはり光熱費や食費ではないかと思います。

節約するというのはケチなわけではなく、資源を無駄にしないという事でもあります。

電気をつけっぱなしにしないとか、水道の水を出しっぱなしにしない、こまめに止めるというのは実践されている方も多いと思います。

水に関しては実家の母や親戚の叔母さんは、植木にかける水は雨水を利用しています。外に大きな樽を置いておきそこに溜まった雨水を庭の花や木々にあげていました。私も真似しようと思いましたが、私の自宅ではアパート住まいのため雨水をためるべきスペースがありませんでした。

そのかわりに米のとぎ汁を植木にあげています。米のとぎ汁には栄養も含まれていますので一石二鳥だと思います。

他には洗濯をする時の水を節約しようと、すすぎが一回でいい洗剤を選んで使用しています。

これなら節約やエコにも繋がります。我が家では毎日洗濯しますし、日々の積み重ねになりますからかなり節約できていると思います。

すすぎが一回でいいと言う事は、もちろん水も節約できますがその分電気代も節約出来る事になります。

普段の掃除の際にも電気を使う掃除機は週一回などと決め、その他の日は室内用のホウキやコロコロ、モップなど電気を使用しなくても良い道具を使用してお掃除しています。出来る事からしていけば負担も少ないと感じています。