500円玉はすべて貯金箱に入れます

節約するといっても収入には限りがありますし生活には欠かせないものも多くあります。
このため、節約しながら貯蓄もするためにありふれたことですが小銭を溜めています。
小銭といっても10円玉などではまとまった金額にならないので500円玉だけを対象にしています。
どこのお宅でもやられているのではないかと思いますが、コーヒーの空き瓶を利用して最初は硬貨を入れていたのですが買い物の際などに持ちだすことが多くなかなか節約につながりません。

そこで、給料天引きと同じ様に一度入れたらいっぱいになるまで使わない貯金箱を別に設けました。
夫婦で話し合って100円と500円玉だけを入れるようにしました。財布の中から500円玉は必ず貯金箱に入れ、100円玉は余裕があったら入れるようにしました。
最初は500円が財布の中からなくなることに抵抗感もありましたが、1年後に中身を確認すると3万円ほどになっていました。
財布から500円づつ減っていくのは重荷になることもありますが生活が苦しくなることもありませんでした。

財布の中にお金があれば使ってしまうのは当たり前ですがなければ使うことができません。
いつの間にか500円玉のない財布にも慣れてしまいますし、貯金箱に入れただけ節約と貯蓄が両立していることになります。
小銭を貯金箱に入れるというありふれたことですが意外と我が家には相性がよかったようです。


そこまでやるか、涙、涙の節約生活

節約はけっして悪いことではありません。無駄をしないことですから、ある意味では美徳とも言えます。
卑下せず、自信満々で書きたいのですが、ただ何か一抹の侘しさも感じてしまいます。
そんなわたしの節約術を一部だけですが、ご披露します。

衣食住は人間にとって必要なことですから、手を付けるとしたらまずここからです。

わたしは踵を引きずって歩く癖があるので、靴を買ったらまず踵部分に太いネジを数本埋め込みます。
これで踵の減りが抑えられ、後々、踵部分の交換をしなくても済みます。
ネクタイは100円均一で購入します。5000円のネクタイとほとんど大差ありません。下着、ワイシャツも100均です。

食に関しては、スーパーにはわざと夜に行って、もっぱら安く値段の張り替えられたものを購入しています。
廃棄される運命のものを購入するのですから、これも立派なエコだと思います。

住についてはこだわりもあります。交通の便が良いと家賃も高いのですが、わたしは立地は良いが日中に日が入らないような物件を選んで入居してます。
どうせ、夜しか家にはいないのですから。
そして、このような物件は空室であることが多く、家賃交渉にも応じてくれやすい傾向にあります。

自動車は仕事の関係上、持っています。中古の安いクルマですから、自動アイドリング停止機能はついていません。
わたしは手動でアイドリングを停止してます。

こんなに涙ぐましい努力をしているのに、ちっとも貯蓄が増えません。
本当はこんなに貯まる貯蓄術を披露したかったのですが。涙、涙です。