500円玉貯金法

消費者金融は安心して利用できる金融機関

私のお勧めする貯蓄法は、500円玉貯金法です。

その名の通り、500円玉を貯金していくのですが、これにはステップがあります。

第一段階としては、家にいる時に、気が向いた時に財布を見て、500円玉が入っているのを見つけたら貯金箱に貯金するということをします。

これに慣れて飽きてきたら、第二段階に入りましょう。

第二段階では、外出時、買い物をした際に500円玉が発生したら、その後の買い物では使用しないで、帰宅後すぐに貯金します。

これでだいぶ貯金が貯まりやすくなります。

更にこれに慣れてきたら、最終段階です。

最終段階では、買い物をする際に、自ら500円玉を発生させるのです。

例えば、200円のものを購入する時は、小銭を使わずに、1000円札をだして、800円のおつりをもらうようにするのです。

つまり、500円以下のものを買う時は、小銭があってもお札を出すようにすることで、500円玉を発生させることができます。

この段階に入れば、かなりスムーズにお金を貯め続けることができます。

買い物すればするほどお金は減りますが、貯金箱にもたまって行きます。

そして、お金がなければ買い物しなくなり、そもそもの出費を抑えることもできるので、とてもお勧めですよ。


出来る事から節約

節約の基本と言えば、やはり光熱費や食費ではないかと思います。

節約するというのはケチなわけではなく、資源を無駄にしないという事でもあります。

電気をつけっぱなしにしないとか、水道の水を出しっぱなしにしない、こまめに止めるというのは実践されている方も多いと思います。

水に関しては実家の母や親戚の叔母さんは、植木にかける水は雨水を利用しています。外に大きな樽を置いておきそこに溜まった雨水を庭の花や木々にあげていました。私も真似しようと思いましたが、私の自宅ではアパート住まいのため雨水をためるべきスペースがありませんでした。

そのかわりに米のとぎ汁を植木にあげています。米のとぎ汁には栄養も含まれていますので一石二鳥だと思います。

他には洗濯をする時の水を節約しようと、すすぎが一回でいい洗剤を選んで使用しています。

これなら節約やエコにも繋がります。我が家では毎日洗濯しますし、日々の積み重ねになりますからかなり節約できていると思います。

すすぎが一回でいいと言う事は、もちろん水も節約できますがその分電気代も節約出来る事になります。

普段の掃除の際にも電気を使う掃除機は週一回などと決め、その他の日は室内用のホウキやコロコロ、モップなど電気を使用しなくても良い道具を使用してお掃除しています。出来る事からしていけば負担も少ないと感じています。


家計に響くスマホ代を削ろう!

我が家では、夫、私、高校生の子供の計3人がそれぞれにスマホを持っています。

子供にスマホを持たせたのは高校生になってからなので、周りの子より少し遅いくらいだったのですが

大手では最低プランでも月6000円近くするスマホの契約を家族3人でとなると18000円!

高校生になり、さらに色々お金がかかる時期に、これはキツイぞ!と青ざめた私はプラン見直しのため、色々調べてみました。

そこで見つけた格安SIM。見つけたプランは月々2000円程度で、ネット、通話もできます。

安いSIMだと通信制限も気になるところですが、うちは自宅にネット回線があり、動画などは家でWIFIで見るので

特に問題ありません。子供もは特に友達とのやり取りはすべてLINEですませるし、電話もLINEを使うので通話料はほぼ無しです。

夫は仕事でもスマホを使うので、プランは現状のまま大手のものを使い、友達とのやり取りがメインの私と子供が格安SIMに変更したところ

月に8000円も安く使うことに成功しました。

一番びっくりしたことは、そんなに安く使えるのに、全く不便がないところです。

かれこれ1年以上格安SIMを使っていますが、通信制限がかかったこともありませんし、大手のものを使っていたころと

違いもあまり感じません。それが立証されたので、そろそろ夫のスマホも格安SIMにして、さらに節約を!とたくらんでいます。