東洋医学による薄毛へのアプローチ

女性でも、年齢とともに分け目やつむじが気になってきますよね。

でも、育毛剤を使うにはまだ早いかな?と感じる場合には、漢方薬を試してみるのも一考です。

ムーモは市販で購入可能?菊地亜美愛用脱毛クリームの効果と口コミ!

ひと口に薄毛といっても、その原因は、体質的なものから栄養バランスのくずれによるもの、ホルモンの影響、ストレスなど、実にさまざまです。

ですから、対症療法である西洋医学よりも、体を整えて症状を改善していく東洋医学のほうが、しっくりとくることが多いのです。

東洋医学から薄毛を検証してみると、血液の不足や質の低下による「血虚」、体の気がパワーダウンしている状態の「気虚」、内臓(腎)の不調による「腎虚」が原因とされます。

血虚があると、毛母細胞へ栄養や酸素を順調に送れなくなりますし、気虚ではストレスによるダメージが体全体の元気が損なわれて頭皮にも悪影響を及ぼします。そして腎虚では、消化吸収がうまく進まずに活力を失い、老いを呼び寄せてしまうのです。

まずは自分の日常や状態をよく観察し、どのタイプの不調に陥っているのかを把握することから始めましょう。

漢方薬はいろいろありますが、一般的には血虚には当帰芍薬散・十全大補湯、気虚には柴胡加竜骨牡蛎湯・桂枝加竜骨牡蛎湯、腎虚には八味地黄丸・補中益気湯がいいとされています。

複数の不調が重なり合っていることもありますので、自分ではよくわからないという際には、漢方を取り入れている病院、漢方調剤薬局に相談してみるといいでしょう。

自分にピッタリの漢方薬を調合してもらうことで、薄毛だけでなく、全身の健康状態も改善していくことができます。

一度じっくりと、自分がどんなタイプなのかをチェックしておくといいですね。