私が高校生の頃実際に体験した恋愛

私は、入学前に友達をあらかじめ作りたく、SNSを使用して人脈を増やしていました。

その当時、出会ったのが、最初に付き合った男性でした。相手も初めてのお付き合いだったそうです。

最初の頃は、電車で一緒に通学することや時々どこか寄り道をして一緒に甘いものを食べるのが楽しくてたまりませんでした。

クラスが違ったのでお互い知らない交友関係ができ始めるのも当然のことです。私は、そんな新しい交友関係ができいき、自分の視野が広がったようでとても楽しくてたまりませんでした。

自衛隊のための婚活情報

しかし、彼はそれが不安でたまらなかったそうで、最初は「他の男と連絡を取らないで」程度の束縛でした。そのうち、私の中でそれは当たり前になっていき、彼も私への支配欲が強くなっていきました。

彼は「他の男と話もしないで、目も合わせるな」と言ってきたのです。当然、断りました。

その時、彼は私に手を挙げて今まで見たことないような顔で怒ったのです。怖くてたまりませんでした。そこで別れればこの後、それ以上怖い思いも傷つくこともなかったでしょう。でも、私はそのあとの優しい彼の姿を見て、別れる決断ができませんでした。

そのあとも、彼に怒られる、暴力を振るわれる、優しく謝り私に説得する行為が繰り返されました。

夜中に電話が来て、その日あったことを朝まで責められて寝ずに学校に行くこともたくさんありました。休み時間には彼に怒られないように彼の教室へ行きました。もちろん、入学当初できた友達は離れていきました。

そして、私は勉強する時間も失われていき、どんどん学力も落ちていき、先生には注意されどこにも居場所がない状況になりました。

もう彼の傍にいるしかないと思っていました。苦しくて、高校も辞めようかと思っていました。

そんな時、たまたま保健室に行く機会があり、全てを打ち明けました。

養護教諭の先生が学校に相談してくれました。

そして、学校の決断は彼を停学にして、強制的に別れさせるというものでした。

私も、勇気を出してその決断に従いました。その後、卒業まで彼とすれ違うことはあっても話すことはありませんでした。

みんな、あの頃の出来事をなかったように関わってくれました。おかげで、私は無事に卒業することが出来ました。

卒業して半年が経過した頃、彼から連絡があったのです。

「あの時はごめん。」と私は、最初無視しようと思いましたが、彼がどんな思いで連絡してきたかということを想像すると返さずにはいられませんでした。

私はあの時、私が学校を使って別れ、彼を追い詰めたのではないかと思っていました。ただそれだけが、気になっていたので聞いてみると、「間違ってなかった。自分が情けない。停学になってから間違いに気づいた」と返信がきました。

私は、彼をそれ以上責めることはしませんでした。それはきっと彼が、自ら連絡することにどれだけ悩んだか想像できたからです。

今は、お互い別々の人生を歩んでいますが、時々友達として、近況報告で連絡を取ります。

そんな私は、この春別の人と結婚しました。その報告をした際に「おめでとう」と言われ、全てのことが過去になったような気がしました。


初めてのカップル旅行

私は今年3月から結婚前提で付き合っている同い年の彼氏と、5月のゴールデンウィーク後半に福島の方へ2泊3日の旅行に行ってきました。

初めてカップルで旅行しますし、初めて福島に行ったし、令和になって初めて行った旅行と、初めてばかりの旅行でした。

ジムで出会いはあるの?おすすめの出会い方や注意点を徹底解説!

それまで何度かこの彼氏とお泊りデートすることはあれど、旅行は初めてだったのでとにかく行く日が近づくにつれてドキドキと緊張しました。

色々なサイトでカップル旅行で気をつける情報を見たりして備えて、そこから得た知識を活用しながら過ごしたのですが、

その甲斐あって喧嘩をする事なく、3日間を過ごせました。

初めて行く福島の観光地をレンタカーで巡り、初めて体験することばかりでとても楽しかったです。そして2日目の夜に湖の近くで見た星がとても多くて綺麗だったのが一番印象的でいい思い出になりました。

昔のドレスを試着したのも新鮮で楽しかったですし、子供の頃以来乗ったことないアヒルさんの足こぎボートで湖を回ったりしたのも楽しかったです。

もうこの旅行でしたこと、話したこと全てが楽しくて笑いがたえないことばかりで、とてもいい旅行になりました。

それにこの旅行でさらに仲良くなり、絆が深まったような気がします。カップルではなく、夫婦旅行みたいで幸せでした。また旅行行きたいです。


幼馴染と彼氏と友達と

私の彼氏は幼馴染。お互い社会人になって落ち着いた頃、帰りのバスでばったり会ったのが、今の彼氏。この時は幼馴染であり友達という関係でしかなかった。

すこし踏み込めば、元カレ、幼馴染、友達という関係だった。私の中では付き合うなんてないと思ってたし、一回付き合った頃の思い出もそれほどないくらい奥手な男の子の印象しかなかったから安心しきっていた。そこからご飯誘われたり遊びに行くようになったりお互い少し昔の距離感に近づいた気はしていた。

子連れでも再婚したい…!静岡県のシンママ向けの婚活

そんなとき、夜ご飯に彼の車で行った帰り、流れで夜景を見に行ったのね、そしたらあんなに奥手やと思っていた彼からガンガンアプローチがくる。見たことない彼に少しハッとしながら、ドキッとしながら、どストレートにかわいい、好きって言ってくることに対して照れを隠すので精一杯。嬉しい反面、このまま飛び込めない自分の心があったりしながら、、、結局アプローチに応えることに。

まだ数ヶ月しか経ってないが、あのとき彼の胸に飛び込んで良かったな、と。幼馴染からの進展ってなかなか難しいときもあるけど、ずっと近い存在だからこそ分かり合えることも多いな、と実感してるところ。

その分かり合える部分を大切にしながら各々がそれぞれを大切にしていきたいな。


束縛と、嫉妬深い彼氏

付き合って行く上で、少しぐらいの束縛や嫉妬はあっても良いと思います。

今まで数人の男性とお付き合いしてきましたが、束縛や嫉妬が耐えれないと思う事はありませんでした。でも、今お付き合いしている彼は、私の人生で初めて恐ろしい…と思うほどの束縛と嫉妬深い人なんです。

同棲してるのに、毎日お互い仕事の出勤中にはラインのやりとり。途中で連絡が途切れると、何してるの?どうしたの?攻撃。

帰りは必ず用もないのに電話…。まぁこれぐらいなら普通と思う人もいるかもしれないですが、私がお仕事休みで彼は仕事の日とかは一時間おきぐらいに、何してるの?どっか出かけるなら報告してね!など監視されてる気持ちになり、コンビニに10分ほど出ただけでも報告しないと怒られる…。

テレビを見て男性の芸能人をニコニコ見てるだけでヤキモチやかれ、好きな男性ミュージシャンは全て敵とみなす。男性の友達の連絡先も消される。女友達ですら彼が信用できない子や嫌いな子は連絡するのも遊ぶのもだめ。とてつもなく息がつまる。スポーツクラブに出会いはある?

最初は反抗し私の考えを伝えたりしたけどまったく理解しあえない…笑。なのになんで付き合ってるのか友達にも不思議がられる。本人の私にもわからない…。


いちばん思い出に残っているデート

その昔お付き合いしていた方は、茶人…は言い過ぎだけど、ちょっとお茶を嗜んでいる方でした。

普段のデートは、お食事や買い物、映画、ドライブなど、ごくごく普通だったのですが、ある時少し変わったことをしてくれて、これがとても印象に残っています。

普通に待ち合わせをして彼の車に乗り込み、夜のドライブを楽しんでいると、辿り着いたのは小高い丘の上にある休憩どころ。

東屋があり、昼間なら景色を見ながらひと息つける場所です。

もちろん夜なので何も見えません(夜景が綺麗な場所というわけでもない)笑。

なんでこんなところに連れて来たのかと思っていると、彼は後部座席から徐にポットを取り出しました(こんなものを乗せていたなんて)!

ポットと何かよく分からない荷物を持って東屋に向かう彼について行くと、そこで彼はなんとお茶会を開いてくれたのです。

彼の持っていたよく分からない荷物の中には、お茶碗、茶筅、茶杓、棗など、お茶を点てるのに使う道具が一式入っていたのでした。

お茶を嗜んでいることは知っていたけど、彼が点てたお茶をいただくのはその時が初めてで、しかも夜で屋外というシチュエーションに衝撃を受け、忘れなれない思い出になりました。

ちょっといつものデートに飽きて来た方は、こんな少し変わったデートはいかがですか?
→こんな出会いがあるから笑ボルダリングに出会いはある?クライマーの彼氏が欲しい女性は必見!(http://www.vintagevineswineshop.com/


初めての恋愛、初めての彼女

私が中学二年生の頃の話です。私の中学校は、田舎の中学校なので人数も少なく、1クラス25人程度で2クラスしかありませんでした。男女比は半々くらいだったのですが、小学校からエレベーター式に同じメンバーで中学生になったので、女の子も含めて同級生はみんな友達という感じでした。

ですので、誰かを好きになって付き合うという概念もあまりありませんでした。一部の女子生徒は、先輩と付き合ったりという話は聞きましたが、同級生同士ではなかったように思われます。そんな恋愛に疎く過ごしていた私ですが、二年生のバレンタインの日に、女の子から本命チョコレートをもらったのです。家も近く、いつも仲良くしていた女の子だったので、とてもびっくりしたのを覚えています。気の強い子だったのですが、その時は恥ずかしそうにして私にチョコをくれました。

その時からとてもその子の事を意識している自分がいて、3年生になっても付き合うことはなかったのですが、クラスのみんながわかるくらいにまでお互いを好きでいる時間を過ごしました。友達以上、恋人未満というやつです。その関係が卒業と共に終わることがどうしても耐えられず、卒業式の日に私から告白して春休みに付き合いました。

その子とは高校に入学してから、お互い慣れない新生活に余裕が無く、すぐに別れて男女の友達関係に戻りました。それでも中学生の頃の日々が今思えばとても楽しかったので、大人になった今でも一緒に酒を飲んだりする仲です。本当に良い人に出会えたと思う、私の初恋です。
今はこれで出会えた笑⇒愛知県で公務員と出会いたい


携帯電話がなかった時代の恋愛、片想いの話

私は現在40代前半の独身男性です。

私の年齢ですと20代の頃は現在のように携帯電話が普及していなくて、連絡を取る方は自宅への電話だけでありました。

その当時私は大学で同じゼミの方に好意を持って告白をすることにしたのですが、その方法が電話でした。

その方とは知りあってから3年ほど経過していたのですが、自分が好意を持っていることに気づいたのは卒業を目の前にした時期でした。

そしてどうしてもその気持ちを伝えたくて告白の方法に選んだのが電話でした。

ただ実家で両親には聞かれたくなかったので当時は街に頻繁にあった公衆電話から告白することにしました。

今から考えるとその方の両親が電話に出る可能性もあってかなり大胆な行動なのですが、私の場合は運よくその方が電話に出てくれました。

告白の結果は相手にお付き合いしている相手がいるとのことでこの片想いは成就しませんでしたが、突然の私の行動にも誠意ある対応をしてくれたと思います。

私の場合は片想いの告白の電話でしたが、私の年代の方であればこういった思い出の1つや2つは持っているかと思います。

現在の時代はほぼ全員の方が携帯電話を持っているのですぐに相手と連絡が取れて便利ではあるのですが、逆に連絡が取れないからこその恋愛の良さもあると思います。

当時のドラマなどではこの連絡が取れないということでの脚本などもあったりして、この時代の切ない恋愛模様を描くのに一役買っていました。

私の青春時代のいい思い出の1つになっているエピソードです。今はここが好感触です→埼玉県で自衛隊との出会いを探すなら結婚相談所!


趣味が完全にマッチするカワイイ女の子が気になって仕方ありません。

先日Omiaiで出会った、趣味が完全にマッチするカワイイ女の子が気になって仕方ありません。

綺麗系よりもカワイイ系の方が好きな僕、5つ以上離れた彼女でしたが、正直その場で押し倒したいくらい可愛かったです(笑)

見た目もカワイイけど、しぐさがスゴイ可愛らしくて、狙ってやってるとしたら天才だな。

狙ってないんだろうな、ちょっと天然っぽさ感じたし。

まあ、天然大好きなんだけどね(笑)ここで出会った!

おっとりとした空気感も大好きで一緒にいるとスゴイ落ち着く。

たった一回のデートでここまで気になる女性は初めてなのですが、何とか二回目のデートに誘いたくて仕方が無いこの頃。

必死過ぎる男は女性に嫌われるとわかっていても、自分を抑えるので精一杯です。

こんな出会いがあるから、恋活アプリは辞められないよね。

いや、実際、そろそろ辞めようかなとも思っていたんですよね。

仕事も楽しいし、自然な出会いの中で恋愛関係に発展すればそれがベストかなとも思うし。

いや、完全に違ったわ。

ベストなのはあの娘だわ!

という訳でストーカー行為に走らないように気をつける、アラサー男子です。

恋人を探している人、マジでOmiai使ったほうが良いですよ。

30代になってからはでは遅いぞ、諸君。