口臭の原因について考察する

口臭の原因についていろいろ調べて考察してみました。http://socratic-eit.org/

口臭は下記の5種類に分類されるようです。

一つ目は、生理的口臭です。老若男女問わず、だれにでも起こり得ます。とくに緊張していたりとか、お腹がすいていたりとか、起床直後によく起こったりします。睡液が減少することで細菌がお口のなかで増殖してしまうことが原因みたいですね。睡液を増やすためには水分補給が何よりも大事です。

緊張したりとか、朝起きたときにコップ一杯の水を飲むことは理にかなっていますね。二つ目は、ニンニクやコーヒーなどの匂いがきついものを食べたときに発生する口臭です。一時的なもののため時間が経過すれば消失はしますが、フリスクやミンティア系のタブレットを食べればある程度においを抑えることができます。三つめは治療が必要な病的口臭です。のどや鼻の病気、消火器系の病気が起因となり発生します。病的口臭の約90%は歯周病等の口腔関係の病気が起因となっているといわれているようです。

定期的な歯科検診や、虫歯等がある場合は歯科治療が必要ですよね。転ばぬ先の杖だと思います。あと四つ目は、ストレスにより唾液が減ることにより起こる口臭、五つ目は、実際は臭っていない、もしくは、自分自身で強い臭いがあると思い込む心理的口臭です。

口臭は、誰でも起こる生理的なものから、命に係わるものまで幅広く存在しますが、口臭に対する原因をしっかりと見極め、それぞれに合った対策をとることが必要ではないかと思われます。

以上、口臭の原因について考察してみました。