久々に東京スカイツリーへ行きました。

開業からあっという間に5年が経った東京スカイツリーへ、観光に行って来ました。すみだ水族館にも展望台にも以前上った事はあるのですが、毎朝ニュースなどで目にする内に、「また行ってみたいなあ」と思いフラッと立ち寄ったのでした。

https://profiles.wordpress.org/megumishintani/

平日だというのに凄い人です。外国人観光客も沢山いました。スカイツリータウンは日本、特に江戸の伝統工芸品を色々と売っていて見るだけでも楽しいですね。東京土産のお菓子も山の様に売っていて、東京駅とここだけで相当の種類のお土産が揃いそうでした。

展望台には10分ほど待ってから上れました。4種類あるというエレベーターの1つ、「春」のエレベーター内は飾りが桜でとても美しかったです。良く晴れていて、展望台からは都心のビル群やディズニーランド、お台場まで見通せました。東京都庁の展望室にも上った事があるのですが、あちらと比べて東京の北部が見通せるのがよいですね。時間の都合で諦めましたが、軽食を食べられるカフェもあり、眺めのよい席で食べるパフェは美味しいだろうなあとメニューだけチラ見して帰って来ました。展望台内にも小さなお土産屋さんがありました。

今まで何箇所か巡りましたが、東京は観光スポットがとても多く、今も続々新OPENしています。全部は見切れませんが、あちこち行くのは本当に楽しいです。


スーパーアスリートも年を取っていく

最近自分が中年になったせいか、よく同時代を生きてきたスポーツ選手が続々と引退するのを目にするようになった。そのため、新しい年下のスポーツ選手が、どんどん出てくるので、名前を憶えることが面倒になってきた。僕は超人的なアスリートになったことがないので、彼らの日々の練習や訓練がどれだけハードで、また、戦力外にならないように、必死に食いついていく精神状態を本当の意味で知ることができない。

ただ、やはりイチローも、松坂も年を取るんだなあと思っている。やはり、30代後半、ましては40代になると、第一線についていくのは大変なのかもしれない。三浦知良は例外的に現役生活を続けているが、僕自身は今は少し走るだけでクタクタになるのに、よくやっているなぁといつも感心している。

https://trello.com/mayoibitodemo/

選手が引退すると、たまに、そのまま著名なチームのコーチや監督になる人もいる。指導者としてまた、第二の人生を始めるということなのだが、やはり、イチローや、松坂がそういうふうにいずれなったときには、時代が変わったんだなと、また自分も年を取ったんだなと実感することになるだろう。

もちろん、指導者になった彼らの姿が観たいという人もいるだろう。ただ、なんとなく寂しく感じるのは僕だけであろうか。