節約と判断力

親族知人で三名、家を新築か建売一軒家を買った人達がいます。

その三名の共通してる事は節約は徹底的で常に何かを片付けいらない物は捨てる

電気はコンセントからこまめに抜きいらない物は買いませんでした。

消耗品も底値を調べつくし安いからと過剰に買い置きはせず

次使う分のストックだけでまとめ買いは場所を取るからと一切しません。

財布の中も必要最低限でカード類はキャッシュカードだけで必要なら降ろすし

小銭も財布がかさばるからと貯金箱へ。

食べ物も常に冷蔵庫は半分ほど空けてて入ってる食材は把握し何を買って足せばいいか解ってるので

買い物時間も早く、使う予算もだいたい同じで余計な買い物をしません。

半額シール貼られてるのでも「今食べたい訳じゃない」と見向きもしません。

衣類も流行り物は極力避けうまく着まわせる物で丈夫な素材を選び年単位で着てます。

ちょっと値が張っても長く大切に着ればもとはとれるし

クローゼットも服でぎっしりだとしわになりやすいからとすっきりしています。

頭の中で常に何が自分に必要かを考え判断するのが節約の肝になっている気がします。

ゴミも溜まらないとかでゴミ袋も一番小さいのを買ってきてましたが、

ゴミ袋買うのが一番勿体無いと嘆いていました。