不快なにおいは洋服からも

これからの時期、汗の量が増えてくる。プルーストクリームの私の口コミ!使用した効果や最安値通販サイトをご紹介!
そこで気になるのがやはりにおい。

においを抑えようと思い、制汗剤や香水を大量に使うということも一つの選択肢かもしれない。

しかし、接客業や医療従事者など、人と対面で接する仕事の場合、そういったにおいがきついのも相手に不快感を与えてしまう可能性もある。

なぜなら、汗と香水や制汗剤などのにおいが混ざり合ってしまうからだ。

そこで、どうしたら不快感を与えず、汗のにおいも抑えられるかをじっくり考えてみた。

まず、においの原因は汗だけではない。

この時期は雨も多く、洗濯物がなかなか乾かない。その結果、生乾きの服を着てしまうことも多くなる。においの元は、その生乾きからもきていると考えられる。

もう一つは、晴れた日にまとめて洗濯をしようと思い、汗をかいた服を何日も放置する場合である。その結果、汗のにおいが変化して不快なにおいになることも考えられる。

こうしたことから、我が家では部屋干し用の洗剤を使い、毎日洗濯をするように心がけている。

また、除湿器や洗濯機についている乾燥機能を使い、完全に乾いてから服を着たりしまったりするようにしている。

つまり、においを抑えるには制汗剤や香水などでごまかすのでなく、体とともに衣類も清潔にすることが大切ではないかと思う。