子どもに勉強机が必要な理由

最近よく聞くリビング学習は、親が家事をしながら子どもの勉強を見られる、子どもは親の傍で安心して勉強できると言われています。その流れからか、ダイニングテーブルで宿題する子が増えているそうです。我が家には、1年生になる息子がいるのですが、そろそろ勉強机を買ってあげる予定です。そこで、最近の勉強机事情を調べていた所、リビング学習でも勉強机はあった方がよいと思いました。

http://whitefusehub.com/

その理由は、姿勢です。ダイニングの椅子で足がブラブラすると、集中力を欠いてしまいます。勉強するために作られた椅子と机なら、正しい姿勢をとりやすくなると言います。また、明るさの問題もあります。部屋の電気だけでは、手元が暗いので目の負担です。電気スタンドの出し入れを思えば、電気が備え付けてある方がよいですよね。

気持ちの面でも勉強机は大事で、机に向かうと勉強する気分が盛り上がり、めりはりがつきます。何より1年生になったのだという自覚や喜びを感じることができるでしょう。それに、食卓に消しゴムのカスが残っていたり、ノートにおやつのカスが挟まっていたりでは、親にとっても子どもにとっても良いことはありません。また、勉強道具や宝物を収納できる机がある方が、片付けの習慣が身につきやすいといわれています。

スペースの関係で子ども部屋を与えることはできませんが、自分の陣地は作ってあげたいと言うのが私の願いです。勉強机が成長を助けてくれるのではないかと思っています。