キウイダイエットの注意点

キウイフルーツには注意点が多く存在します

キウイフルーツは体に必要な栄養を含み、簡単に食べることもできるフルーツです。

しかし、注意すべき点もあります。

カリウムを多く含むので、カリウムの摂取制限がある方は、食べることをお勧めできません。

朝にバランス良い食事を、適量より少なめに摂れば良いのかなと思いますが、興味もありますので調べてみました。

キウイはそのままで食べやすいと思います。

しかし、消化器官に負担があるため、良く噛みのみ込むことがベストです。

私的には、キウイ単独ではなくサラダにしてきゅうりやトマトなどと一緒に食べたいと思います。

ダイエットとしてはキウイのみ食べるようですが、歯ごたえを良くすることで良く噛むと思います。

ダイエットの目的は消化の負担軽減により、痩せることだそうです。

キウイは単独でも栄養があるので、問題ないと言うことですが、夜食はNGです。

これは、ダイエット全般に言えることだと思います。

もちろん間食もNGだと思います。

理由は消化効率をUPすることにより痩せることが目的のためです。

夜食は消化に悪く、キウイの良い点の消化補助の邪魔になります。

http://cdranepal.org/

それに、キウイによるアレルギーの方もいます。

果実アレルギーの1つキウイアレルギーがあります。

アクチニジンと呼ばれるのは、アレルゲンの1つです。

最も重い場合は他のアレルギーと同様にアナフィラキシーショックを起こすそうで、注意が必要です。

私はキウイではじんましんになったことはありませんが、小学生の頃に鶏の唐揚げを食べ過ぎてじんましんになりました。

鏡で見て気持ち悪い斑点ができ、とてもかゆかったのを覚えています。

アレルギーのある方は医師に確認をしてください。

他のアレルギーとの関連は、シラカバ花粉症やラテックスアレルギー(ラテックスアレルギーとは、ゴム製品に含まれるゴムの樹液に反応するアレルギー)の人も要注意です。

キウイを食べることにより同じようなアレルギー症状を引き起こすかもしれないからです。

繰り返しになりますが、アレルギーのある方は要注意です。