スーパーアスリートも年を取っていく

最近自分が中年になったせいか、よく同時代を生きてきたスポーツ選手が続々と引退するのを目にするようになった。そのため、新しい年下のスポーツ選手が、どんどん出てくるので、名前を憶えることが面倒になってきた。僕は超人的なアスリートになったことがないので、彼らの日々の練習や訓練がどれだけハードで、また、戦力外にならないように、必死に食いついていく精神状態を本当の意味で知ることができない。

ただ、やはりイチローも、松坂も年を取るんだなあと思っている。やはり、30代後半、ましては40代になると、第一線についていくのは大変なのかもしれない。三浦知良は例外的に現役生活を続けているが、僕自身は今は少し走るだけでクタクタになるのに、よくやっているなぁといつも感心している。

https://trello.com/mayoibitodemo/

選手が引退すると、たまに、そのまま著名なチームのコーチや監督になる人もいる。指導者としてまた、第二の人生を始めるということなのだが、やはり、イチローや、松坂がそういうふうにいずれなったときには、時代が変わったんだなと、また自分も年を取ったんだなと実感することになるだろう。

もちろん、指導者になった彼らの姿が観たいという人もいるだろう。ただ、なんとなく寂しく感じるのは僕だけであろうか。