毎月の食費のやりくりが難しいな

わたしは新婚生活が始まったばっかりの新米主婦です。みなさんは月々どのくらいの食費できりつめておられるんでしょうか。わたしは1人暮らしの経験もありませんので、家計をやりくるすることがはじめてで毎月悩まされています。

何よりも一番お金がかかるのが食費です。旦那もわたしもかなりの量を食べてしまうので2人だけ1ヶ月の食費が4人家族分くらいあります。友達からびっくりされて、それは無駄遣いだよと言われちゃいました。こちらとしては、なんとか節約しているつもりではあるのですが周りからしたら無駄遣いだそうです。食事を減らすと逆に無駄なものを買ってしまいそうな気がするのですが、どうなんでしょう。

お米の減り具合は確かにはやいかもしれないです、周りの家庭に比べると。二人して大食いなので、どうしても食費がかなりかかってしまいます。節約はしているつもりですが、まだ削れたりできるのかと思うとあと削れるなら食費しかないです。ガスめ電気も水道もけちけちと使っていますし、あと自分たちが頑張れるのは食費なのです。しっかり噛んで満腹感をだす努力しないといけないときがきちゃいましたかね。旦那が物足りないとなるとまた問題ですが、ちょっと食費を減らしてみようと努力してみます。


栄養を確保しながら、それ以外のところで節約する

節約の代表格と言えば食費です。でも、栄養面に支障が出てはいけません。十分な量の魚や野菜を食べさせずに、将来の学費の為に節約する。それは本末転倒です。そこで、栄養を損なわない範囲での食費節約について考えます。

・ミネラルウォーターをやめる。

 一本100円の水を何本も買うのはやめましょう。スーパーの無料配布に水を貰うか、自宅に浄水器を取り付けましょう。

・ジュースやコーヒーを飲む前に水か麦茶を

 ジュース等を何度も飲んでいると、家計に響きます。まずは水か麦茶を飲み、胃袋を満たしましょう。ジュース1杯だけで満足できるはずです。

・ケーキやアイスは小分けに

みんなが大好きなケーキやアイス。でも冷静に考えると、最初の一口目は感動しても、最後の方のは惰性になっているはず。試食程度の量が一番コスパが高いんです。アイスであれば、冷した小皿に取り分ける等すれば、むしろお洒落です。

と、こういった感じに、満足度を下げずに食費を押さえることが可能です。最後に番外編です。

・料理は塩コショウで炒めれば十分。

安い食材でも、調理方法をこだわると時間がかかります。食費以外にも節約に時間を割けるように、調理時間をほどほどにしましょう。


主婦にとって重要な問題です。日々努力が必要です。

節約、貯蓄というと主婦からすると頭が痛い問題です。

毎月必死にやりくりしてるつもりでもなかなかうまく出来ない、貯蓄が出来るように少しでも毎日の食事をいかに節約して効率よく出来るかを悩んでいます。

食べることは毎日のことでその献立を決めるのも主婦、1日1000円で買い物をしようと思ってもスーパーに行くとそんなにうまく買い物も出来ずに結局予算オーバーして後悔する毎日です。

先取り貯蓄は毎月しています。ですので毎月決まった額は必ず先に通帳に入れておきます。それを最低限の貯蓄としてやっておかないと何か気持ち的にモヤモヤしてしまうのです。その貯蓄をしておいて、更にその月に残った額があればそれは生活貯蓄や子供の学費用に通帳に入れることが出来ます。ですので毎月その残った額がいくらなのか少しでも多くの額を残したい一心で頑張ってやりくりをします。

現実はなかなかそんなにうまくいかないもので、貯蓄という貯蓄はほとんどないに等しいです。世の中のみなさんは最近ではほんとにしっかり貯蓄をされている奥様が多い中、自分は何をしているのだろうかと自己嫌悪におちいる時も多々あります。とりあえず毎月決まった額だけの貯蓄さえ忘れずにしておけば何とかなるという気持ちも持ちながらこれからも少しでも貯蓄できるように頑張る次第です。


自分に負けないことが一番の節約への近道である!

節約節約と口では言いますが、なかなか行動に移すことができないひとは多いのではないでしょうか。

節約をする際に重要なのは根気強く続けるだけのやる気と、忍耐力が必要です。まずは自分にあったレベルで挑戦していくのがいいでしょう。夏場はついついエアコンをつけてしまうもの。それを少し我慢するだけでも、節約は出来ます。例えば自分にご褒美を設けて、もし一週間エアコンをつけないで入られたら週末1日だけエアコンつけっぱなしでいていいとか、代わりに扇風機を使うようにするなどして工夫することで、節約できます。もしかしたらエアコンをつけた時にむしろ寒く感じてしまったり、風邪を引いてしまうなと思ったら、気付いたらエアコンを止めていたりと、自分の成長が見られたということでまた次のステップに進むことができるのではないだろうか。

貯金に関しては、毎月?1000を必ず貯金すると目標設定をするのがいいかと思います。ある話では常にトンカツを食べられるほどの生活水準を保っていれば食べることにも困らないしお金も少しずつ貯まっていくに違いないということです。しかし我慢のしすぎで体を壊してしまっては元も子もないのでそれだけは気をつけた方がいいですね。


カットに取り組む毎日

年中省エネを考えて生活してある。なぜかと言うと、おもしろいからだ。
年中、ただ生活をしてあるだけでは物足りない。もしも自分で節約することができればそれが自分にとってのおお金になります。
私の家庭には日当たりの望ましいちっちゃな庭園があるので、瞬間を見つけては家事菜園に励んでいます。
長期間野菜を採ることはできませんが、単なる省エネになります。しかも採れたての野菜を食べることができるので健康にもいいです。
おショップでレタスなんかを購入すると悪くなるのが手っ取り早いので常にあせって無くなるか時折捨ててしまうこともあります。それって財産を捨てていることと同じです。ですが、家事菜園でレタスを育てれば、必要な分だけ葉をちぎって取り扱うことができので便利です。しかも持続に冷蔵庫を取り扱う不要。大した電力の省エネにはならないでしょうが、省エネの一部となります。
家事菜園にない野菜は勿論スーパーマーケットで購入してある。ですが、ひたすら機会の野菜を中心に購入してある。なぜなら、機会の野菜が最高安く栄養分価もおっきいからだ。
ここでポイントですが、ボクは月間食費を仮に、と決めています。随分の緊急事態がない限りその金額を超えることはありません。ふとした厄介なのですが、家事菜園で野菜を育て採り入れる時折その野菜の大体の費用をおショップでチェックして食費から引き抜きます。そうすることで自分が節約しているという意識を決めることができます。家事菜園で野菜を育てても、ういたぶんを他の原料に費やし続ければ食費の総額をオーバーしている感じことになります。なので、疎かですが家事菜園で育てた野菜を扱うときはいくらかその分を食費から引き抜いて自分のおお金として計算してある。


蓄えを先に!

自分は、たまたま先日までは蓄積することが下手でした。
ふっとほしいものがあるとクレジットで買ってしまって、重い時折蓄積の金額が5ケタしかなかった時もあります。
そういった自分ですが、賢く蓄積をするツボを近辺から聞いて試してみたショップ、蓄積の値段が順調に広がるようになりました。
その方法は心から簡単で、先に蓄積をしてしまう実例、クレジットと蓄積のポッケを別にして仕舞うことです。
先に蓄積をやるというのは自分にとっては自慢でした。

先に蓄積に回してしまうことで、遊ぶお金にしてしまわないようにするのです。
生活費や遊興費に先に使ってしまっていた自分は、そこで使いすぎてしまい、定期的に蓄積することが出来ていなかったのです。
また、クレジットで扱うポッケと蓄積のポッケを一緒にしていたので、自分はポッケに余裕があるだけ使ってしまっていました。

でも、ポッケを別々にすることで、蓄積のための金銭まで使って仕舞うことをふせぐことが出来るし、値段が収まるので無駄遣いしないように注意するようになりました。
実際、簡単な捻りなのですが、蓄積を先に意識することによって、蓄積を計画的に溜めるようにするということが出来るようになるのです。
とにかく、先に蓄積をしてしまうツボは必ずや一概に貯められます。


買い出し領域立ち入り御法度方法で節電と預貯金に的中

縮減と備蓄は密接に関係しています。
なぜなら縮減をする事で備蓄がやれる部分に達するからだ。
あたしは先日、取引で得た大切なお賃金をおそらく服値段に費やしていました。
仕事をしないで家屋にいるならさほど多くの服は必要ありませんが、仕事をしている以来、人の目があるので大して何度もおんなじウエアを着る部分に抵抗を感じていました。
果実お賃金を費やしてしまい、だらだら人物よりも服もちになってしまい、「凄まじい服潤沢有するよね。」と同僚の人からよく言われて仕舞う様になりました。

しかし数ヶ月前に大学時代の知り合いと女房会があり、話題が備蓄になったのです。
あたしは備蓄が学生程も薄い様な給料なのに対して殆どの知り合いが私の5ダブル近くの備蓄を持っていたのです。
その時の驚愕から、あたしは縮減をやる様になりました。
買物スポットに入ってしまうと思わず衝動買いをしてしまうので入らない、目にしない様にして大好きな服は大抵買わなくなりました。
またミールもいつも外食ばかりだったので短いマテリアルを買ってきて自炊始める様に心掛けました。
他にも付き合い費が滅茶滅茶にならないので、意外と必要だと想う儀式しか参加しなくなりました。

そういった生活をしていたら半年程で、ダブル近くの備蓄が出来たのです。
何年も社会人として働いてきて利潤を得てきたのに、やっぱり使ってしまった事を思うとしがない気持ちですが、これからも将来の為に縮減を心掛けて備蓄を増やして行きたいだ。


出来る事からコツコツと

私がしている節約とは、とにかく出来る事からコツコツとです。

まず、お給料が出たら、私は1カ月分を袋わけしています。

食費や光熱費、生活用品、習い事、ガソリン、おこずかいなど必ず出るお金は金額を先に決めて

その中からやりくりをするという方法です。

足りなくなりそうだったら、銀行でお金を下ろすのではなく、その中で意地でもやりくりする事を徹底しています。

食費が足りなくなりそうなら、かさましレシピに切り替えたりと工夫をする事です。

お買いものも、なるべくまとめ買いをしております。以前は3日に1度位のペースで買いものに出かけていましたが、

余計なものを買っている事に気づき、買い物の頻度を減らし、本当に必要なものだけを買うよう心がけています。

タイムセールや特売でも必要でなければ、買いません。

光熱費などもなるべく抑えたいので、お風呂はなるべく続けて入るようにしたり、

小まめに電気を消す。使わないものはコンセントを抜くようにしております。

我が家は、形に残らない物、食費や光熱費にたくさんのお金をかける事が馬鹿らしいと思っているので

1番節約している所です。

電気のアンペア数を変えると基本料もかわりますから、大きいアンペア数は変更するのがオススメですよ。

電気自由化でいろいろな特典が付くものもあるので、見直してみると結構料金がお得になったりします。


私はプチ節約家

旦那の手取りは27万前後で工場で昼夜の交代勤務をしています。私は現在1歳半とお腹に7ヶ月の子を妊娠中で働いていません。なので節約の毎日です。

1.買い物

1週間に1回の買い物を心がけています。大体かかるお金は一週間分6000円程です。お肉や魚などはなるべく半額品を買いすぐに使うか冷凍庫に保存しておきます。またスーパーは基本的に1ヶ所しか行きません。毎週日曜日はポイント2倍で毎月1日はポイント3倍のスーパーです。その日を狙ってなるべく行きます。また1週間分の買い物をするので献立をしっかりと立ててから買うものをきちんと把握してから買い物に出掛けます。また土日のどちらかは自分が家事を頑張ったご褒美として家族で外食に出掛けます。外食と言ってもファミレスがほとんどです。またご褒美と言う名目で家事をしなくて済むからです。昼はランチが安いので昼に外食します。その日の夜はパスタかうどんの手抜き料理です。

2.エアコンの節約

私の家は太陽光がついており売電ができます。それでもエアコンはあまり使用したくないので朝ご飯を食べてお昼ご飯のお弁当を作り、9時から子供と支援センターへ行き、12時まで遊ばせます。おもちゃは沢山ありますし、同じ年の子供が沢山いるので生き生きと遊んでいます。その後大型ショッピングモールに移動し、休憩所で子供と一緒に朝作ったお弁当を食べます。ショッピングモールにもお金のかからない子供の遊び場があるので遊ばせます。まだ話がちゃんとできないので眠くなってきたら目がトロンとしたり広場の上で寝てしまいます。その時に車に乗せて家に連れて帰ります。大体16時くらいには家につくのでこれでエアコン代が節約できます。


便利な世の中

最近はネットスーパーでも色々なお店があって、本当に便利ですよね。しかし、これが落とし穴。

以前は、主人の休みの日に大型スーパーで1週間分のまとめ買いをしていました。そして買って来た食材で1週間分の献立を考えて。木曜日辺りに、牛乳が切れても絶対に買わない…と言うか、スーパー遠いし私が面倒なだけなのですが。

更に私は片付け魔なので、余計なストックをしない!そしてテキトーいい加減(笑)お米がない!と二日間ほど食パンやパスタで過ごしたり、お茶パックもうなかったっけ?と浄水だけで過ごしたり。それでも無かったら無かったで、何とでもなるんですよね。

そして、冷蔵庫の残り物でその日のメニューを考えるの結構楽しいんです。金曜日なんて残り物の食材を集めて「さぁ、どうしてくれよう」と目の前の少ない食材を前にワクワクします。しかも月曜日のたくさんの食材からメニューを考えるよりも、金曜日の残り少ない食材からメニューを考える方が色々な新レシピが生まれてました。

結局、これはとっても良い節約法だったのだと今はそう思います。

今の私は、ネットスーパーの便利さにすっかりやられてしまっています。牛乳が切れた!と思ったらネットスーパーで購入、今日は手抜きしようかな?とネットスーパーでお惣菜を購入、そしてその日の夕方には持って来てくれる。なんて便利。そして、支払い請求の額にビックリして反省する日々です。昔を思い出して、節約頑張ります!